2018/03/18 23:15

ゆうばり国際映画祭2018グランプリ・西口洸監督、栄冠勝ち取った“イケてない青春”

 [映画.com ニュース] 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」でグランプリに輝いた性春映画「ED あるいは (君がもたらす予期せぬ勃起)」の西口洸監督が3月18日、報道陣による囲み取材に出席。大阪芸術大学出身、23歳の西口監督が、強烈な個性を放ちつつ、“イケてない青春時代”のエピソードを交えながら、受賞の喜びを語った。

 西口監督は、現在は大阪芸大を卒業。大阪の実家に住みつつ、同大学で「教授の助手みたいな建前の、学生に機材を貸す時にもろもろ準備をする、ようわからん機材係」を務めている。今作は大学2年生時にシナリオを執筆し、4年生時の卒業制作として撮影した作品で、自身にとって初の中編。母親の裸を見て勃起したことをきっかけに、ED(勃起不全)になってしまった男子高校生の日々を、爽やかな風が吹くボーイ・ミーツ・ガールものとして描ききった。

 トロフィーを手にし、「僕自身が学生時代の影の方というか、イケてないグループだったので、そういう僕自身の体験みたいなものを含めての作品」と述べる西口監督。続けて「イケてないグループの仲間と、イケてる奴らを『アイツらおもんないな。僕らこそが映画の主人公や』と語りながら麻雀をしていた」と明かし、「それがグランプリとって、実際に嬉しいんですけど、僕が受けとるんか、と思うんです。じゃあ返上するかと言ったら、嫌だ。優柔不断の僕も、主人公らしいなと思いつつ、本当に嬉しいです」と伏し目がちにユニークに話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >