2018/03/19 11:00

クリステン・スチュワート、女優ジーン・セバーグを描く政治スリラーに主演

ジーン・セバーグ(右)を演じる クリステン・スチュワート Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images、 Photo by Central Press/Getty Images
ジーン・セバーグ(右)を演じる クリステン・スチュワート Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images、 Photo by Central Press/Getty Images

 [映画.com ニュース] ジャン=リュック・ゴダール監督「勝手にしやがれ」をはじめ「悲しみよこんにちは」「孤高」などで知られる、アメリカ人女優ジーン・セバーグを描く新作ポリティカルスリラー「Against All Enemies(原題)」に、クリステン・スチュワートが主演することがわかった。

 1950年代にセシルカットで一世を風びしたセバーグは、数多くのヌーベルバーグ作品に出演して人気を集めた。女優だけでなく、活動家としての顔も持っていた彼女は、公民権運動に熱中し、ブラック・パンサーを支持してFBIからマークされた。

 米Deadlineによれば、新作「Against All Enemies」は60年代後半のロサンゼルスを舞台に、若手FBI捜査官が公民権運動にのめり込むセバーグを監視する実話をもとにしたストーリー。セバーグ役をスチュワートが演じ、恋人だった活動家ハキム・ジャマル役としてアンソニー・マッキー、若手FBI捜査官役としてジャック・オコンネルが出演。ほかにマーガレット・クアリー、コルム・ミーニーが共演する。

 「ラ・ラ・ランド」のフレッド・バーガーがプロデュース、「栄光のランナー 1936ベルリン」の脚本家コンビ、ジョー・シュラプネル&アナ・ウォーターハウスが脚本を執筆し、「ウーナ」のベネディクト・アンドリュース監督がメガホンをとる。今夏クランクイン。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >