2018/03/20 11:00

ルーカス・ヘッジズ、シャイア・ラブーフの自伝的映画に主演

ルーカス・ヘッジズとシャイア・ラブーフ 写真:Shutterstock/アフロ、 Photo by J. Merritt/WireImage
ルーカス・ヘッジズとシャイア・ラブーフ 写真:Shutterstock/アフロ、 Photo by J. Merritt/WireImage

 [映画.com ニュース] 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(2016)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズが、新作「Honey Boy(原題)」でシャイア・ラブーフと共演することがわかった。

 米ハリウッド・レポーターによれば、本作は子役のオーティス・ロート(ヘッジズ)と、犯罪に手を染めるアルコール中毒の父ジェームズ(ラブーフ)が、悪化した親子関係を修復していく10年間を綴る物語。

 ブラックリスト(映画化されていない優秀脚本リスト)に選出された本作は、ラブーフが自身の体験をもとに脚本を執筆した自伝的作品で、オーティス役は子役出身の自分を重ねて描いたキャラクターだという。「LoveTrue(原題)」「Bombay Beach(原題)」のアルマ・ハレル監督がメガホンをとり、ロサンゼルスで撮影が行われる予定だ。

 ラブーフは、ビョルン・ボルグとジョン・マッケンローという、テニス史を代表する宿命のライバルを描いた新作「Borg vs McEnroe(原題)」でマッケンロー役を演じ、トロント国際映画祭で高く評価された。同作は4月13日より全米公開。

 ヘッジズは賞レースを沸かせた新作「スリー・ビルボード」「レディ・バード」に出演。また、ジョエル・エドガートンの監督第2作「Boy Erased(原題)」に主演しており、ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマンと共演している。同作は、9月28日全米公開の予定。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >