2018/03/20 15:30

井浦新、野性爆弾くっきーの洗礼受けるも意欲満々

会見した井浦新ら
会見した井浦新ら

 [映画.com ニュース] 吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月20日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。今年で10年目を迎える同映画祭。実行委員長の大崎洋氏は「映画祭というタイトルで、映画とは関わりのないことも広がってきた。地方創生に向けた大きな広がりができるはず」と思いの丈を述べた。

 4月19~22日に行われる第10回では、「お~きな観客賞」を新設。監督やスペシャルゲストが参加し、上映とともに撮影秘話を生オーディオコメンタリーで楽しめる名物企画「桜坂映画大学」は、「バーフバリ 王の凱旋」を沖縄初となる絶叫上映で披露する「絶叫上映科」、「野性爆弾」のくっきーが監督・脚本・音楽を手がけた「ソドム団長とゴモラ人間」を取り上げる「鬼才芸術科」、菅田将暉と桐谷健太が共演した映画「火花」を上映する「芸人純文学科」で構成される。

 かなた狼監督作「ニワトリ★スター」(特別上映作品)で同映画祭初参加となる井浦新は、「かなた監督にとって初の映画作品。だからこそ、映画作りの初期衝動が全て詰め込められている。ものすごい熱量なんです」と同作をアピール。「タブーにも真っ向勝負していますし、コンプライアンスも関係ない。映画らしい映画を、監督が情熱を込めて作ったんだと思います。最後には小さな小さな希望や愛が残るので、笑って泣いて、感動してくれれば嬉しいなと思います」と語ると、「沖縄の桜坂劇場にはご縁がありますし楽しみにしています」と映画祭当日を心待ちにしているようだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >