2018/03/20 16:00

ワインスタイン・カンパニーが破産申請

セクハラの“口止め”契約も解消 Photo by Stuart C. Wilson/Getty Images
セクハラの“口止め”契約も解消 Photo by Stuart C. Wilson/Getty Images

 [映画.com ニュース] 米製作会社ワインスタイン・カンパニーが3月19日夜(現地時間)、デラウェア州で米連邦破産法11条を申請した。同社の資産は、ダラスに拠点を置く投資会社ランタン・キャピタル・パートナーズに売却される見込みだ。また、ハーベイのセクハラ・性的加害に遭い、“口止め”の示談に応じた被害者たちの守秘義務契約を即時解消することも発表された。

 ワインスタイン・カンパニーは、映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタインが弟のボブ・ワインスタインと共同で2005年に設立。数々の作品をオスカーに導いてきたが、昨年10月末にハーベイのセクハラ騒動が勃発したことで、作品の公開延期や製作中止が相次いだ。米ロサンゼルス・タイムズ紙によれば同社はそれ以前から経営難にあり、5億ドル以上の巨額の負債を抱えながら、買収先を探していた。

 会長を務めるボブは、「問題なく売却できることを望みつつ、資産価値を最大化するとともに、最大限の雇用を確保し、あらゆる犠牲者たちのために正義を追求する計画があることは役員会にとって喜ばしい」と声明を発表。資産と従業員を継続して維持できるというランタン・キャピタルの条件を評価している。提示額は公表されていないが、関係者の話によれば4億ドル相当だと米ロサンゼルス・タイムズは報じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >