2018/03/22 06:00

木村文乃×松田翔太、「SICK'S 恕乃抄」でコンビ!「ケイゾク」「SPEC」に続くサーガ完結篇

スペックホルダーとの戦いに身を投じていく (C)TBS
スペックホルダーとの戦いに身を投じていく (C)TBS

 [映画.com ニュース] 木村文乃と松田翔太が、テレビドラマと映画で人気を博した「ケイゾク」「SPEC」シリーズのサーガ完結篇となる新シリーズ「『SICK'S 恕乃抄』 内閣情報調査室特務事項専従係事件簿」でコンビを組むことがわかった。これまでのシリーズ同様、植田博樹氏がプロデュースし、堤幸彦が監督を務める。

 今作の舞台は、国家機関である内閣情報調査室のスペックホルダー対策の特務事項専従係、通称「特務(トクム)」。木村は、IQ230でハーバード大学卒業の天才だが、精神的に不安定で自傷癖があり入院している御厨静琉(みくりやしずる)役、松田は、警視庁公安部の刑事だったがスペックホルダーが絡む事件がきっかけで公安部を追われた高座宏世(たかくらひろよ)役に扮する。また、特務で御厨と高座を率いる係長・野々村光次郎を、「ケイゾク」「SPEC」と同じく竜雷太が演じる。

 スペックホルダーを巡る争いは、日本をはじめとする国家間の争いや宗教団体、自衛隊までをも巻き込む権力闘争に発展し、御厨と高座は、野々村とともにスペックホルダーを支配しようとする思惑との戦いに身を投じていく。そんななか、真っ黒のセーラー服を纏った謎の存在、一一十(ニノマエイト/黒島結菜)が現れる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >