2018/03/22 10:00

五輪候補から違法ポーカーゲームの経営者に転身!衝撃実話「モリーズ・ゲーム」予告完成

オスカー脚本家アーロン・ソーキンが 映画監督デビュー (C) 2017 MG's Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.
オスカー脚本家アーロン・ソーキンが 映画監督デビュー (C) 2017 MG's Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] 「ソーシャル・ネットワーク」でオスカーに輝いた脚本家アーロン・ソーキンが映画監督デビューを飾り、「女神の見えざる手」「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステインが主演を務めた「モリーズ・ゲーム」の日本オリジナルとなる予告編が、公開された。

 オリンピック候補のトップアスリートから、26歳にしてセレブが集う高額ポーカールームの経営者へと転身した女性の驚きの実話を映画化。オリンピック予選で思わぬアクシデントに見舞われたモーグル選手モリー・ブルーム(チャステイン)。とある出会いから高額ポーカールームの存在を知ったモリーは、独学で経営法やノウハウを修得し、またたく間にのし上がっていく。ブルーム本人が手がけた回顧録をソーキン監督が脚色し、第75回ゴールデングローブ賞では主演女優賞(ドラマ部門)と脚本賞候補に選出、第90回アカデミー賞でも脚色賞にノミネートされた。

 予告編は、モリーが「ここでは勝利を買えない。私の許可なしでは席にも座れない」とポーカールームのルールを語るセリフで幕を開ける。その後、オリンピックの夢を絶たれたモリーが、「世界一のゲーム運営者」として“帝国”を築き上げていくさまがスピーディに描かれる。だが、FBIの強制捜査が入り、財産は全額没収。頂点からどん底へと急転落したモリーは、道徳心の強い弁護士チャーリー・ジャフィー(イドリス・エルバ)に助けを求める。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >