2018/03/23 13:00

「トゥームレイダー」監督、こだわったのは“荒削りの本物らしさ”

ノルウェー出身の俊英 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
ノルウェー出身の俊英 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

 [映画.com ニュース] 人気ゲームの映画版をリブートする「トゥームレイダー ファースト・ミッション」(公開中)を手がけたローアル・ユートハウグ監督が、作品への思いを語った。

 ノルウェー出身で、「THE WAVE ザ・ウェイブ」で知られるユートハウグ監督は、原作ゲームの大ファンだったという。「(ヒロインの)ララ・クロフトは格好良い、強いヒロインで、賢く頭脳明せきで機転が利くところが好きだった。そしてそれらは本作でも描こうとしていることだ」と語り、主演には「リリーのすべて」「エクス・マキナ」のオスカー女優アリシア・ビカンダーを配した。

 「今回のバージョンで僕が気に入っているのは、彼女はもちろん激しく、誰にも止めることなどできないわけだが、賢く機転が利きながら、もろさも兼ね合わせているということだ。転んで、傷つき、アザだらけになるんだ。それでも彼女はまた立ち上がる。そして不屈のスーパーヒーローなんかではない。実際の世界にいるリアルな女の子だ。それこそがアリシア(・ビカンダー)がこの役にもたらしたことなのだと思う。すべてにおいて本物らしさが感じられ、素晴らしいよ」とビカンダーの“効能”を語ったユートハウグ監督。昨今の映画界の“流れ”を俯瞰(ふかん)し、「世界中で今、女性が立ち上がっているが、そういったことが映画にも反映されているのだろう。“強い女性”といった、これまでとは違う種類の女性が描かれる映画も見たいという思いがあるのだと思うよ」と観客の心理を分析し、本作も時代の空気をくんだ作品だとの見方を示す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >