2018/03/23 19:00

福士蒼汰×古川雄輝×桐山漣 “男心”を交し合った、イケメンだらけの「曇天に笑う」

滋賀・大津の名勝・旧竹林院でインタビュー
滋賀・大津の名勝・旧竹林院でインタビュー

 [映画.com ニュース] 唐々煙氏による人気コミックスを本広克行監督が映画化した「曇天に笑う」が、3月21日から全国公開を迎えた。際立った個性あふれるイケメンたちが次から次へと登場し、エネルギーを爆発させるエンタテインメント作だ。なかでも豪快な活躍を見せた主演の福士蒼汰をはじめ、共演の古川雄輝、桐山漣が、物語の舞台となった滋賀・大津にある名勝・旧竹林院でのインタビューに応じ、“男心の交し合い”が行われた撮影風景をにぎやかに振り返った。

 明治維新後の大津が舞台。300年ごとによみがえる大蛇(オロチ)を封印するために立ち上がった曇三兄弟、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)、大蛇を利用し政府転覆を目論む忍者集団・風魔一族の三つ巴の戦いを描いた。

 「仮面ライダーフォーゼ」以後、映画「神さまの言うとおり」「無限の住人」などさまざまな現場で研鑽を積んだ福士は、曇三兄弟の長男であり、町を守る曇神社の14代目を担う曇天火役で作品をけん引。豪放磊落という四字熟語を体現する性格で、戦闘にめっぽう強く、弟たち(中山優馬&若山耀人)や町の人々に多大な愛を注ぐ器の大きい人物だ。「天火は三兄弟の兄であり、父代わりでもあります。意識していたのは、弟たちへの愛情です。自分に何が出来るかと考えたら、兄らしくリーダーシップをとることは、普段の自分から考えても、難しいと思いました。ではどうするか。皆に愛を持って接しようと、現場で意識していました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >