2018/03/23 20:00

スピルバーグが「ペンタゴン・ペーパーズ」を「すぐに公開したかった」理由とは?

メリル・ストリープ、トム・ハンクスに 厚い信頼を寄せる (C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
メリル・ストリープ、トム・ハンクスに 厚い信頼を寄せる (C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

 [映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督が、メリル・ストリープ、トム・ハンクスと組んだ「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」について語った。

 他作品の製作スケジュールを調整してまで、スピルバーグ監督が早期着手にこだわったという意欲作。舞台は、1971年。アメリカ初の女性新聞発行人であるワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハム(ストリープ)と編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクス)らが、国防総省がベトナム戦争に関する分析を記録した最高機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を知り、社運と記者生命をかけて真実を世に発表しようとする。「スポットライト 世紀のスクープ」のジョシュ・シンガーが、共同脚本を手がけた。

 スピルバーグ監督は、「本作は、ジャーナリズムの英雄の物語だよ」と語り、「脚本を読んで受けた印象は、リーダーシップの物語だということだった。“リーダーはどう生まれるか? 決断を下すことに前向きではないリーダーを前向きに変化させるようなひらめきは、どういうものだろうか?”……。キャサリン・グラハムの物語に、そんな“変化”を感じ、私は心をつかまれたんだ」と続ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >