2018/03/24 14:30

高島礼子、一般市民の“涙の熱演”に「役者として焦り感じた」

納棺師役で主演した高島礼子
納棺師役で主演した高島礼子

 [映画.com ニュース]高島礼子が納棺師役で主演した映画「おみおくり」が3月24日、東京・有楽町スバル座で公開され、高島をはじめ共演の文音、メガホンをとった伊藤秀裕監督が舞台挨拶に出席した。

 納棺師で作家の永井結子氏による著書「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)が原案。女性納棺師の主人公・満島弥生(高島)が、死に触れる仕事や弟子・亜衣(文音)との交流を通して自らの人生を見つめ、生きる希望を見出していくさまを描いた。

 今作は富山県氷見市でロケを敢行。出演者の多くは同市民だそうで、高島は「亡くなられた方の脇にいる家族として演じられていたんですが、監督が軽くご説明しただけで、本当にポロポロと泣かれるんです」と驚がくの面持ちだ。続けて「みなさん一度は大切な方を亡くされていて、そのことを思い出して、気持ちが入ると泣けるんだ、と。役者として焦りも感じましたし、立派でした」と称賛し、文音も「びっくりしたのは、自殺された死体役の方。多分エキストラの方なんですが、詳細な演出は聞いていなかったらしく、現場で『自分(役)はどうやって死んだですか? それによって演技が変わってくるから』とすごく聞いていた。プロ意識がすごく高かった」と脱帽しきりだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >