2018/03/26 12:00

「第9地区」シャルト・コプリー、SFコメディで監督デビュー

シャルト・コプリー Photo by Barry King/Getty Images
シャルト・コプリー Photo by Barry King/Getty Images

 [映画.com ニュース] 「第9地区」「オールド・ボーイ」「チャッピー」などで知られる南アフリカ出身の俳優シャルト・コプリーが、SF社会派コメディ「Sapien Safari(原題)」で長編監督デビューを飾ることがわかった。

 本作は、ジョーダン・ピール監督「ゲット・アウト」で大成功を収めたQCエンターテインメントが製作。コプリーは初めて脚本を手がけるほか、主演も兼ねる。

 米Deadlineによれば、本作は地球の新たな支配者となったエイリアンたちが、もともと生息していた人間たちの処分を検討するなか、エイリアン保護活動家の主人公(コプリー)が、人間の犯してきた過ちを指摘しつつも、生かす価値があることを説得する、というストーリーになるようだ。

 コプリーは、デビッド・オイェロウォ、シャーリーズ・セロン、ジョエル・エドガートンと共演する新作クライムコメディ「Gringo(原題)」が3月9日から全米公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >