2018/03/26 16:00

J・エドガートン「レッド・スパロー」出演を即決したのはスパイ映画だから!

少年のころからスパイに憧れていたという (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
少年のころからスパイに憧れていたという (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] 「ゼロ・ダーク・サーティ」や「華麗なるギャツビー」に出演し、「ザ・ギフト」では監督・脚本・主演を兼ねたジョエル・エドガートンが、ジェニファー・ローレンスと共演したスパイスリラー「レッド・スパロー」について語ったインタビュー映像が、公開された。約6分間にわたり、役作りやキャラクターについて持論を展開している。

 病気の母に治療を受けさせるべく、ハニートラップと心理操作を武器としてミッションを遂行するロシアのスパイ“スパロー”となった元バレリーナのドミニカ(ローレンス)が、命がけの任務に身を投じていくさまを描く。エドガートンは、ドミニカのターゲットであるCIAエージェントのネイトを演じている。

 子どものころからスパイに憧れていたというエドガートンは、本作の出演を即決したという。「録音機器や双眼鏡といったスパイキットまで持っていたよ(笑)。だから、子どものころの夢がかなった。それを別にしても、心理操作で翻ろうするスパイ映画に興味を持った。キャラクターにも人間味があった。ネイトはどちらかというと、スパイに向いていない男だ。他人を信じやすいタイプで、ある意味で自分の仕事が苦手なんだ」と物語、キャラクターも大きな決め手になった。実際に演じるに当たっては「チェスでいうと、普段の僕が演じるのは1歩先だ。だから、何手も先を行く人物を演じるのは難しい。こういった映画では、ジェスチャーや目線、ちょっとした行動が驚くほど大きな意味を持つ。俳優としては、まばたきや息継ぎのタイミングも気になる」と苦労しながらも、新たな挑戦を楽しんだようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >