2018/03/27 00:00

草笛光子、三浦貴大は「本当の孫みたい」 山口百恵さんとの共演を述懐

舞台挨拶に出席した(左から)三浦貴大、 文音、草笛光子、篠原哲雄監督
舞台挨拶に出席した(左から)三浦貴大、 文音、草笛光子、篠原哲雄監督

 [映画.com ニュース] 女優の文音と草笛光子がダブル主演した映画「ばぁちゃんロード」の東京プレミア試写会が3月26日、東京・スペースFS汐留で行われ、文音、草笛と共演の三浦貴大、メガホンをとった篠原哲雄監督が舞台挨拶に出席した。

 今作は、多くのクリエイターを輩出してきた映画美学校が行った「映画美学校プロットコンペティション2016」の最優秀賞受賞作を映画化したもの。海沿いの田舎町を舞台に、結婚を間近に控えたおばあちゃん子の夏海(文音)と、足をケガして施設で暮らす祖母・キヨ(草笛)が、一緒にバージンロードを歩くという目標に向けてリハビリを重ね、奮闘するさまを描く。

 草笛は、ドラマ「赤い衝撃」(1976~77年放送)で三浦の母・山口百恵さんと母娘役で共演しており、「この方のお母さんが私の子どもだったの。だから本当のおばあちゃんよね」とニッコリ。三浦は「まだ母が結婚する前のこと。お世話になっております」と恐縮しきりだったが、草笛が「だから、会った時には胸がいっぱいでしたよ」と目を細めると、「こんなに大きくなりました(笑)。母も、草笛さんと一緒に映画をやるよと言ったらすごく喜んでいて、本当のおばあちゃんみたいに僕は見ていました」と“親子3代”の絆を見せていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >