2018/03/27 16:00

猪塚健太、冨手麻妙ら「娼年」キャスト、共感性を強調「女性の味方になる映画」

(左から)桜井ユキ、冨手麻妙、大谷麻衣、猪塚健太
(左から)桜井ユキ、冨手麻妙、大谷麻衣、猪塚健太

 [映画.com ニュース]第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を、松坂桃李主演、三浦大輔監督で映画化した「娼年」の女性限定トークイベントが、3月26日に東京・渋谷のユーロライブで開催された。冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、大谷麻衣といった出演者が参加し、赤裸々トークを繰り広げた。

 無気力な毎日を送っていた大学生・森中領(松坂)が、会員制ボーイズクラブのオーナー、御堂静香(真飛)に見いだされ、“娼夫リョウ”として女性たちの欲望と向き合っていくさまを描く。冨手はキーキャラクターの咲良、猪塚は売れっ子娼夫の東、桜井は領の同級生の恵、大谷はリョウの初めての客・ヒロミを演じている。

 冨手・桜井・大谷はオーディションで役をつかみ、「ギラギラしていた」と声をそろえる。中でも大谷は、「ヒロミなら役に立てるんじゃないかと思ったんですが、台本は4役分来たので、全員分覚えたんです。オーディションでは2役分演じましたが、出会いから最後まで全部やりました」と明かし、場内からはどよめきが上がった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >