2018/03/29 07:00

特殊メイクの“新基準”を生み出したオスカー受賞者・辻一弘が語る人生の決断

 [映画.com ニュース]第90回アカデミー賞で日本人が快挙を果たした。歴史ドラマ「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」で主演ゲイリー・オールドマンの特殊メイクを手がけ、日本人ではじめてメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘が、人生の決断を語った。

 現在48歳の辻は、「エクソシスト」などで知られる特殊メイクの第一人者ディック・スミス氏に文通で教えを請うなど17歳から独学で特殊メイクを学び、大ヒットSF「メン・イン・ブラック」(1997)をきっかけにハリウッドで活躍。「もしも昨日が選べたら」(06)と、「マッド・ファット・ワイフ」(07)で、アカデミー賞メイクアップ賞にノミネートされた。ところが2012年に映画界を離れ、現代アートへ転向。本作の主演オールドマンから「きみが引き受けないなら、この映画はつくらない」と熱烈ラブコールを受け、銀幕の世界に舞い戻った。しかし、アカデミー賞ノミネート発表直後の1月下旬のインタビューでは、「映画の仕事を引き受けてしまうと、自分で決めた人生を裏切ることになってしまう」と葛藤があったことを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >