2018/03/29 10:00

製作4年、構想45年超!?リュック・ベッソン、悲願企画「ヴァレリアン」の裏側を独占告白

作品に込めた平和への思いを強調
作品に込めた平和への思いを強調

 [映画.com ニュース]「レオン」「フィフス・エレメント」で知られるフランスの巨匠、リュック・ベッソン監督が、“ライフワーク”と言っても過言ではない悲願の映画「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」を完成させた。10歳で原作コミックと出合いすっかり魅了され、映画監督として次々とヒット作を生み出す間も、映像技術が原作に追いつく日を待ち構えていたというベッソン監督。「アバター(2009)」の現場を見学したことで「いける」と確信し、製作に着手してから約4年もの月日をかけ、一切の妥協なしにじっくりと作り上げた。映画.comは、来日したベッソン監督に単独インタビューを敢行。彼の言葉から、完成までのプロセスをひも解いていく。

 西暦2740年、宇宙の平和を守る連邦捜査官コンビが、銀河の危機を救うために大冒険を繰り広げるさまを描く。「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーンと「スーサイド・スクワッド」のカーラ・デルビーニュが、捜査官コンビを演じた。全世界の興行収入は、2億2500万ドルを突破している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >