2018/03/29 11:00

「X-MEN」最新作、本編50%再撮影で半年公開延期

「X-MEN:アポカリプス」に出演したソフィー・ターナー 写真提供:アマナイメージズ
「X-MEN:アポカリプス」に出演したソフィー・ターナー 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース]米20世紀フォックスが、「X-MEN」シリーズのスピンオフ最新作「X-MEN:ダーク・フェニックス(原題)」と「ニュー・ミュータンツ(原題)」の全米公開スケジュール延期を発表した。

 本家「X-MEN」シリーズの脚本家・プロデューサーとして知られるサイモン・キンバーグが、自ら執筆した脚本をもとに長編初メガホンをとる「X-MEN:ダーク・フェニックス」は、テレパシー能力を持ったミュータント、ダーク・フェニックスことジーン・グレイを主人公にした作品で、「X-MEN:アポカリプス」で同役に扮したソフィー・ターナーがヒロインを演じる。加えて、ジェニファー・ローレンスとマイケル・ファスベンダーが、それぞれミスティークとマグニートー役でシリーズに復帰するほか、ジェシカ・チャステインが重要な役どころで「X-MEN」ユニバースに初参加することも決まっている。

 米Colliderが関係者から入手した話によれば、スタジオ側はテスト試写の結果から追加撮影が必要と判断したものの、主要キャストが軒並み売れっ子とあってスケジュール調整が難航。全員揃うのが早くても8月後半から9月になるため、追加撮影とその後の編集作業を鑑み、全米公開日を当初の2018年11月2日から19年2月14日にずらすことにしたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >