2018/03/29 11:00

ジョージ・ルーカスが考えていたエピソード9の結末とは? マーク・ハミルが明かす

「エピソード9」は、今夏クランクイン Photo by Steve Granitz/WireImage
「エピソード9」は、今夏クランクイン Photo by Steve Granitz/WireImage

 [映画.com ニュース]「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で幕を開けた新たな3部作のフィナーレを飾る「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」。厚いベールに包まれたその内容をめぐり、早くもファンの間で様々な憶測や予想が飛び交っている同作について、ルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルが、IGNのインタビューで裏話を披露した。

 前作「フォースの覚醒」のハン・ソロに続き、ルーク・スカイウォーカーまでもが死を遂げたことで、世界中のファンに大きな衝撃を与えた「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(ライアン・ジョンソン監督)。だがハミルによれば、シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスは、当初全く別のストーリー展開を考えていたという。

 「ジョージはエピソード9の最後まで、ルークを生かしておくつもりだったんだ。当時彼が温めていたストーリーでは、ジェダイの存続を賭けてルークが自らレイアを訓練し、その後で死ぬっていう筋書きだったから、『最後のジェダイ』とはだいぶ違う話になっていただろうね」と明かしたハミルはまた、エピソード7~9へのルーカスの関与に触れ、「3部作の全体的な方向性は、彼のなかである程度固まっていたようだったけど、ディズニーのルーカスフィルム買収を機にジョージが手を引いた時点で、全てが白紙に戻った。製作体制自体も、なんだかリレー走みたいだしね。次の『エピソード9』でどんな物語が展開するのか全く知らないまま、第二走者にバトンを渡すべく無我夢中で走っていたら、コリン・トレボローの代わりにJ・J(・エイブラムス)が待ち構えていて、ライアンもさぞ驚いたんじゃないかな」とジョーク交じりに語った。

 そのエイブラムス監督が、「フォ―スの覚醒」に続き再びメガホンをとるシリーズ最新作「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」は、今夏クランクイン。2019年12月20日に全米公開を予定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >