2018/03/29 19:00

ジェニファー・ローレンスが“変顔”披露!「レッド・スパロー」を見るとこうなる?

二転三転する物語に手ごたえ (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
二転三転する物語に手ごたえ (C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] 美しきスパイの活躍を描いた「レッド・スパロー」の主演女優ジェニファー・ローレンスが、作品の魅力を熱量高く語る特別映像が、公開された。

 元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズ氏による同名小説を、「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督が映画化。事故で夢を絶たれたバレリーナのドミニカ(ローレンス)が、ロシア政府が極秘裏に組織したちょう報機関の一員となり、捜査対象を自らの美貌で誘惑する心理操作に秀でたスパイ「スパロー」として暗躍する。

 映像では、ローレンスが「完成した作品を見て驚いたわ。主演の私でも先が読めない。話が二転三転する」と目を見開き、「一緒に見た友だちは、ずっとこんな感じよ。“ウソでしょ! 何で?”って」と“顔マネ”まで披露している。

 「ゼロ・ダーク・サーティ」や「ザ・ギフト」で知られ、本作ではドミニカのターゲットとなるCIAのエージェント、ネイトを演じたジョエル・エドガートンは、本作の魅力を「知性に訴えかける」と語り、「スパイが車を大破させたり、マシンガンを撃ったりしない方が、ずっと興味深いと思う。スパイが本当にやっていることは、スケールの大きな心理的なチェスのゲームのようなんだ」と続ける。ドミニカを監視する重要人物の1人、コルチノイ将軍を演じた名優ジェレミー・アイアンズは、「これほどよくできた物語はかなり久しぶりだった。本当に息をつかせぬほど面白く、誰を信じて良いものか、よく分からなかったほどだ」と語っている。

 「レッド・スパロー」は、「リリーのすべて」のマティアス・スーナールツ、「オリエント急行殺人事件」のセルゲイ・ポルーニン、「さざなみ」のシャーロット・ランプリングらも出演。3月30日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >