2018/03/30 07:00

阿部純子、内山高志の“パワー1%”クロスカウンターに大興奮!

阿部純子と内山高志
阿部純子と内山高志

 [映画.com ニュース] 第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子氏の小説を、白石和彌監督のメガホンで映画化する「孤狼の血」の報知映画賞・特選試写会が3月29日、東京・よみうりホールで行われ、キャストの阿部純子、ボクシングの元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏が上映前のトークショーに出席した。

 「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された同名小説を映画化。舞台は、暴対法成立以前の昭和63年、広島の架空都市・呉原。捜査二課の新人・日岡秀一(松坂桃李)は、やくざとの癒着が噂される刑事・大上章吾(役所広司)のもと、暴力団系列の金融会社社員失踪事件の捜査に参加。違法捜査も辞さない大上に戸惑いながらも、日岡は経験を積んでいく。やがて失踪事件を機に暴力団同士の抗争がぼっ発し、大上は大胆かつ強引な秘策に打って出る。

 映画オリジナルキャラクター・岡田桃子役をオーディションを経て勝ち取った阿部。広島・呉市での撮影は、今でも心に深く刻まているようで「ロケ地を移動するたびに100人ほどの呉市の方々が集まってくれました」と述懐すると、「そのなかでも松坂さんに関する面白いエピソードがあるんです」と告白。「松坂さんが道に出た瞬間、人がいっぱい来ちゃうのかなと思っていたんですが、誰ひとり集まらなかったんです(笑)。皆さんもまさかいるとは思わなかったのか、そのまま素通り。思わず笑ってしまいました」と暴露しながらも、「初めて共演させていただいたんですが、物腰柔らかで優しい方。お芝居の相談にものっていただき、すごく助けていただきました」と感謝の念をにじませていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >