2018/03/30 20:00

IMALU&犬山紙子、五輪目指す父娘描く「ダンガル」は女性に夢を与える映画!

2人とも感涙したという
2人とも感涙したという

 [映画.com ニュース] 実話を元に五輪制覇を目指す親子を描き、世界興行収入3億ドル超を記録したインドのヒット作「ダンガル きっと、つよくなる」の女性限定イベントが3月29日に都内で行われ、タレントのIMALUとエッセイストの犬山紙子氏が登場した。

 生活のためにレスリング選手の夢をあきらめたマハヴィル(アーミル・カーン)が、長女ギータと次女バビータの非凡な格闘センスに気づき、修行を開始。娘たちは反発しながらも、やがて父の熱意を受け止め、才能を開花させていく。

 本作を「ただのサクセスストーリーではない。もっと深いメッセージがある」と評したIMALUは、「お父さんが、長女に試合の前に声をかけるシーンでの言葉にグッときました。大会のシーンも本当に胸が熱くなり、久々に映画で泣いてしまいました。ひと気合い、ふた気合い入る映画です」と絶賛。

 犬山氏はマハヴィルのスパルタ教育に当初は面食らったそうだが、鑑賞後には「つきものが取れたよう」な気持ちになったといい、「姉妹が、友だちの結婚パーティに忍び込むんですが、彼女たちがトレーニングの愚痴を言ったら『あなたのところのお父さんは娘思いだよ。私は顔も知らない人と結婚させられる』と諭されるシーンでハッとしました。私がいま、恋愛結婚できることって本当にすごく恵まれている。そういった中で戦っていく女性たちの力強さにすごく励まされました。スポ根映画の中に、社会問題が含まれているんです」と力説。「立場の弱い女の子たちに夢を与えるという意味で、素晴らしい。日本の女性にも刺さる気がします」と呼びかけた。

 IMALUは、「自分も親と同じ(芸能の)仕事をしているので、重ね合わせて見てしまった」と父・明石家さんまとの関係に言及し、「(マハヴィルのように)仕事でこうしろああしろとアドバイスをもらったことは1回もない。感想も言われたことがない。家族で集まると、仕事の話じゃなく芸能ゴシップばっかり話すんです(笑)」と明かしていた。

 「ダンガル きっと、つよくなる」は、4月6日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >