2018/03/30 20:00

800万部超の人気小説を映画化!特殊な顔を持つ少年の成長描く「ワンダー」特報公開

「ルーム」の天才子役 ジェイコブ・トレンブレイが出演 (C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
「ルーム」の天才子役 ジェイコブ・トレンブレイが出演 (C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 全世界800万部を売り上げたベストセラー小説を、「美女と野獣」の製作陣が映画化した「ワンダー 君は太陽」の特報が、公開された。

 「ウォールフラワー」を手がけたスティーブン・チョボウスキーが監督・脚本を担当し、オスカー受賞作「ルーム」のジェイコブ・トレンブレイ、オスカー女優ジュリア・ロバーツ、オスカー受賞作「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソンが顔をそろえた本作。生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギー(トレンブレイ)が学校に通い始め、周囲の人々と共に成長していくさまを描く。世界興行収入は約3億ドルのヒットを記録している。

 特報では、生まれてから27回も手術を行ったという10歳のオギーが、初登校する姿が描かれる。母・イザベル(ロバーツ)と父・ネイト(ウィルソン)が見守るなか、意を決して学校に足を踏み入れるオギーだが、特殊な外見のせいでいじめの標的になってしまう。映像では、涙ながらに「どうして僕は醜いの?」と訴えるオギーをイザベルが抱きしめ、「あなたは絶対に醜くない」と語りかける親子のドラマや、やがてオギーの“心”に触れた人々が、輪を作っていく感動的なシーンも収められ、さわやかな感覚を呼び起こす仕上がりとなっている。

 「ワンダー 君は太陽」は、6月から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >