2018/03/31 07:00

現代東京が舞台のカフカ的世界 ジョン・ウィリアムズ監督「審判」予告&場面写真入手

罪状不明で“被告人”となった男の物語 (C)Carl Vanassche
罪状不明で“被告人”となった男の物語 (C)Carl Vanassche

 [映画.com ニュース] 「SADO TEMPEST」のジョン・ウィリアムズ監督が、フランツ・カフカの小説を基に描いた映画「審判」の場面写真と予告編2種、11年ぶりの映画出演となる歌舞伎俳優・坂東彌十郎、高橋長英、品川徹のコメントを、映画.comが先行入手した。

 得体の知れない巨大な力、システムにコントロールされた理不尽で滑稽な出来事が、次々と主人公であるKの身に降りかかる不条理文学「審判」。現代の東京を舞台にした映画は、銀行員・木村陽介を主人公にして、サスペンスとブラックユーモアを織り交ぜた物語を紡ぐ。30歳の誕生日の朝を迎えた木村(にわつとむ)は、自宅マンションのベッドで目覚めると、なぜかその場にいた2人の見知らぬ男から「逮捕」を告げられる。罪状は不明だが、無実を主張すればするほど、蜘蛛の巣のようなシステムに絡みとられ、どんどん身動きができなくなっていく木村。救いを求めてあがくものの、期待はことごとく外れてしまう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >