2018/04/02 20:00

“のみとり侍”阿部寛、口上披露で会心の笑み「こういう経験も一生ない」

口上を披露した阿部寛ら
口上を披露した阿部寛ら

 [映画.com ニュース] 歴史小説の第一人者・小松重男の傑作短編集を実写映画化した「のみとり侍」の完成披露試写会が4月2日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主演の阿部寛をはじめ共演の寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、メガホンをとった鶴橋康夫監督が舞台挨拶に出席した。

 客の飼い猫の蚤(のみ)を取り除くことに加え、「床で女性に愛をお届けする」という裏稼業“のみとり”を命じられた、越後長岡のエリート藩士・寛之進(阿部)を描く。出囃子とともに定式幕がゆっくり開くと、金屏風が用意された舞台上に、顔を伏せた阿部の姿が。顔を上げ、鋭いにらみをきかせた阿部は約5分に及ぶ口上を朗々と発し、気合いの入ったファンからは「阿部ーッ!」「新参者ッ!」「裏稼業ッ!」「のみとり屋ッ!」などと掛け声が飛んだ。

 一旦幕が閉じ、再び登場した阿部は「疲れました(笑)。ですがこういう経験も一生ないと思って、楽しんでやらせていただきました」と会心の笑み。万雷の喝さいを浴び、「機会があれば、またいつの日か挑戦したい」と意欲をみなぎらせた。そんな姿に、鶴橋監督は「阿部ちゃん、口上、良かった!」と叫んでいた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >