2018/04/04 14:00

実写版「恋は雨上がりのように」、神聖かまってちゃんの名曲カバーが主題歌に!

 [映画.com ニュース] 小松奈菜と大泉洋が共演する「恋は雨上がりのように」の主題歌が、人気バンド「神聖かまってちゃん」の名曲「フロントメモリー」に決定した。音楽プロデューサー・亀田誠治のプロデュース・アレンジのもと、注目の実力派シンガー・鈴木瑛美子が同楽曲をカバー。このほど、主題歌入りの特報が公開された。

 「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の眉月じゅん氏の人気同名漫画を、「世界から猫が消えたなら」「帝一の國」の永井聡監督のメガホンで実写映画化。ケガで陸上の夢を断たれた17歳の女子高生の橘あきら(小松)が、45歳バツイチ子持ちの冴えないファミレス店長の近藤正己(大泉)に片思いしたことから、2人がそれぞれの諦めていた夢と再び向き合っていく“人生の雨宿り”を描く。

 主題歌「フロントメモリー」について、原作者の眉月氏は、「アンニュイな歌詞とキラキラ疾走感あるメロディーが17歳の心情にぴったりだと感じ、勝手に主人公のテーマソングとして原稿中よく聴いていて作中引用までしちゃった曲がまさかの映画主題歌に! 感謝感激です!」と大喜び。主演の小松も「歌声が爽やかで力強く、疾走感がありながらテンポ良く進むリズムがこの映画にぴったりだなと思いました」とコメントを寄せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >