2018/04/05 13:30

吉永小百合、元「モー娘。」吉澤ひとみらとQ&A あふれる若さに「とても楽しいひと時」

ユーモアたっぷりにティーチインに 応じた吉永小百合ら
ユーモアたっぷりにティーチインに 応じた吉永小百合ら

 [映画.com ニュース] 吉永小百合の映画出演120作目となった主演作「北の桜守」(公開中)のティーチインイベントが4月4日、東京・品川のT・ジョイPRINCE品川で行われ、吉永をはじめ元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ、「カントリー・ガールズ」の山木梨沙、「つばきファクトリー」の小片リサ、「Bitter & Sweet」の田崎あさひ&長谷川萌美が出席。吉澤ら“若者代表”が、吉永に質問を投げかけていった。

 「北の零年」「北のカナリアたち」に続く、「北の三部作」最終章にあたるヒューマンドラマ。「おくりびと」の滝田洋二郎監督が、戦中から戦後にかけて極寒の北海道で生きた母・てつ(吉永)と息子・修二郎(堺雅人)による約30年の軌跡を描き、4月3日時点で興行収入10億円を突破した。

 現在は一児の母として、子育てに奮闘中の吉澤。「吉永さんと同じステージに立てるとは、これっぽっちも思っていなかったです。“若い世代の母親代表”として……。息子と主人に感謝したいです」と興奮の面持ちで、感動した劇中シーンを「子におにぎりをいつまでも作ってあげたいという母の気持ち、そしておにぎりの味を息子がずっと覚えていたこと、そのシーンがグッときました」と語った。続けて「お母さんの思い出は?」と問うと、吉永は「母はおにぎりより、パンが大好きな人でした。サンドイッチを上手に作るんです。私たちが子どものころは、英国風の洒落たサンドイッチなんて、なかなかなかったんです。中に入っているのはきゅうりだけなんですけど、それでもおいしく食べたのを覚えています。母のあだ名は“パン子”でした」と告白し、場内を驚かせていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >