2018/04/05 16:00

映画評論家・松崎健夫「女は二度決断する」の“仕掛け”とは?

映画史を踏まえつつ考察
映画史を踏まえつつ考察

 [映画.com ニュース] 名匠ファティ・アキン監督が手がけ、第75回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を獲得した「女は二度決断する」のトークイベントが4月4日、都内で行われ、映画評論家の松崎健夫氏が作品を独自の目線で解説した。

 爆弾テロでトルコ人の夫と幼い息子を奪われた女性カティヤが、絶望のなかで下す“決断”をサスペンスフルに描く。主演を務めたダイアン・クルーガーが、第70回カンヌ国際映画祭の女優賞に輝いた。

 本作を、私刑を執行する自警団を指す「“ビジランテ”もの」と評した松崎氏は、1960年代に台頭したマカロニ・ウエスタンから続く“復しゅう映画”の系譜に、本作があると持論を展開。「(マカロニ・ウエスタンの代表作)『荒野の用心棒』は、黒澤明の『用心棒』の翻案。そして『女は二度決断する』の主人公には侍の刺青(いれずみ)があり、あれは恐らく(『用心棒』の主演)三船敏郎だと思う。ダイアン・クルーガーは『イングロリアス・バスターズ』という復しゅう劇にも出ているし、(アキン監督は)本作をある種復しゅう劇として見せたかったのじゃないか」と共通項を挙げながら、アキン監督の真意を考察した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >