2018/04/06 08:00

ジェイク・ギレンホール“義足のヒーロー”熱演「ボストン ストロング」予告編

ボストンマラソン爆弾テロ事件の 被害者の実話を映画化 (C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
ボストンマラソン爆弾テロ事件の 被害者の実話を映画化 (C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件で両脚を失う被害を受けた実在の人物ジェフ・ボーマンの実話を映画化した「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」の予告編が、このほど公開された。主演ジェイク・ギレンホールが、両足を失う悲劇に見舞われながらも、人々に勇気を与える“義足のヒーロー”を熱演している。

 「スモーキング・ハイ」「セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅」のデビッド・ゴードン・グリーン監督がメガホンをとった本作は、テロ事件の犯人特定に一役買ったことで一躍脚光を浴びるも、両脚を失うという大きな傷を追った青年ボーマンが、恋人や家族に支えられ、困難を乗り越えて再生していく姿を描く。

 予告編は、平凡な男が“ヒーロー”になるまでを映し出す。テロによって両脚を失ったボーマンは、「ボストンよ強くあれ(ボストン ストロング)」というテーマとともに、ボストン復興の象徴として脚光を浴びる。次第に周囲の期待がプレッシャーとなり、傷の痛み、テロのトラウマにもがき苦しむなかで、生きる意味を見失っていくボーマン。だが苦悩のなかで、自分を求める人々の存在、自分を支えてくれる人々の存在に気付き、“自分自身の再生”に向かって歩き出す。

 なおギレンホールは、自身の製作会社「ナイン・ストーリーズ」の第1弾作品として、本作のプロデューサーも務めている。「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」は、5月11日から公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >