2018/04/06 12:15

「日常生活にはドラマが満ちている」想田和弘監督、観察映画の新作「港町」で新境地

 [映画.com ニュース] 想田和弘監督の新作で、第68回ベルリン国際映画祭フォーラム部門で上映された「港町」が4月7日に公開される。台本作りをせずにカメラを回し、ナレーションやBGMなどを排したドキュメンタリー「観察映画」の第7弾。前作「牡蠣工場」の撮影で、想田監督が岡山県牛窓滞在中に出会った人々、穏やかな海と小さな町の文化を美しいモノクロームで映し出す。「日常生活にはドラマが満ちている」と言う想田監督に話を聞いた。

――同じドキュメンタリーでも、過去作とは全く別の味わいがある作品になりました。ベテラン漁師のワイちゃん、ちょっとおせっかいながらも明るくパワフルなクミさんら町の高齢者も魅力的です。

 「偶然の出会いが重なってこの作品ができました。ワイちゃんやクミさんに出会ったのも道端です。状況を映画のためにコントロールしようという、自分自身のエゴを全くほとんど出さずに作れた作品で、作り手としては気持ちのいい体験でした。実は、普段は何かを描こうと、大きな岩をぐっと動かすような感覚で映画を作っているのですが、この『港町』は本当に、自分で作ったというよりも頂いたような映画という感覚です」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >