2018/04/06 19:00

「クラムボン」ミト、マーク・ウェブ監督の意外な“飲み仲間”明かす

マーク・ウェブ監督が来日時に対談を行った
マーク・ウェブ監督が来日時に対談を行った

 [映画.com ニュース] 「(500)日のサマー」「gifted ギフテッド」のマーク・ウェブ監督の最新作「さよなら、僕のマンハッタン」のトークイベントが4月5日、都内で行われた。ウェブ監督と面識のある音楽バンド「クラムボン」のミトが登壇し、「『サイモン・ペッグやエドガー・ライトとよく飲む』と聞いた」とウェブ監督の交友関係を明かして観客を驚かせた。

 大学卒業を機に親元を離れた青年トーマス(カラム・ターナー)が、風変わりな隣人ジェラルド(ジェフ・ブリッジス)と父の愛人ジョハンナ(ケイト・ベッキンセール)という2人の人物と出会ったことから、人生に変化が訪れる。

 ミトは、ウェブ監督のフィルモグラフィを振り返り「本作でずいぶん形が変わった。これまでは、ストーリーの色付けとして音楽を使っていたと思うんですが、本作では補完じゃなくテーマソングになっていて、(音楽の使い方が)ストレートですよね」と“変化”を語る。自身も、「心が叫びたがってるんだ。(2015)」で作曲家・横山克と共に音楽を担当しており「音響的なことを言うと、ニューヨークの街を歩いているときの雑踏の音も、かなり静かに設定している。象徴的なところにだけ、音をズドンと入れる。音響のレベルに関しても、すごく考えている人だと思います」とプロ目線で語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >