2018/04/07 16:46

松坂桃李、巨大スクリーン前での「娼年」舞台挨拶は「一種のプレイ」

舞台挨拶に立った松坂桃李、三浦大輔監督ら
舞台挨拶に立った松坂桃李、三浦大輔監督ら

 [映画.com ニュース] 第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を映画化した「娼年」の公開記念舞台挨拶が4月7日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、主演の松坂桃李、共演の真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、馬渕英里何、メガホンをとった三浦大輔監督が登壇した。

 4月6日に全国73館で封切られた本作は、無気力な毎日を送っていた大学生・森中領(松坂)が、会員制ボーイズクラブのオーナー、御堂静香(真飛)に見出され、“娼夫リョウ”として女性たちの欲望と向き合っていくさまを描く。上映後の舞台挨拶が行われたのは、TOHOシネマズ日比谷が誇る「TOHOシネマズ プレミアム シアター」(1番スクリーン)。TOHOシネマズ独自規格による巨大スクリーン「TCX」での披露となったため、松坂は「この舞台挨拶は上映前の方がいいなって言ってたんです。こんなデカいスクリーンで……。ご覧になった皆様の前に、服を着て出る。(観客の視線は)一種のプレイみたいなもの(笑)。いたたまれないです」と茶目っ気たっぷりに話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >