2018/04/08 05:00

山田杏奈、内藤監督の手紙に感涙 初主演映画「ミスミソウ」初日舞台挨拶

韓国とアメリカでも上映が決定!
韓国とアメリカでも上映が決定!

 [映画.com ニュース] 山田杏奈が映画初主演した「ミスミソウ」が4月7日、初日を迎え、東京・新宿バルト9で山田ら出演者と内藤瑛亮監督が舞台挨拶を行った。

 同作は「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる押切蓮介氏の人気サスペンスコミックを、「ライチ☆光クラブ」の内藤瑛亮監督が実写映画化。東京から田舎の中学校に転校し、陰惨ないじめを受けたヒロイン春花が家を燃やされ、家族を殺されたことから、復讐の鬼と化すというストーリー。

 10人の出演者は劇中の衣装で登場。山田は「自分が出演した映画が公開される時はいつも感慨深いのですが、今日は、特に“いよいよだな”という感じがします。今日は人生において大切な一日です」と挨拶。内藤監督は「雪まみれ、血まみれで、過酷な撮影だったけれども、キャストのみんなが頑張ってくれたので、100点満点で1億点くらいあげられる。楽しい現場でした」と振り返った。

 山田には大きなサプライズも。内藤監督は、感謝の手紙を朗読。「初主演の映画が、同級生を殺しまくる役とは驚いたでしょう。7人殺しましたね。初主演という責任はきっと重かったと思います。ご存知のように、『ミスミソウ』の製作は頓挫しかかっていました。山田さんが主役に決まった後に、もともと監督するはずだった方が降板せざるを得なくなりました。1カ月後に撮影しなければ、頓挫してしまうという状況の中で、僕に監督の依頼がありました。決め手となったのは、オーディションの映像を見て、単純にあなたを撮ってみたいと思ったからです。この映画を救い出したのは山田杏奈の魅力、俳優としての力にほかならない。『ミスミソウ』は僕にとって、代表作と胸を張れる作品です。山田さんには感謝しかないです」と読み上げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >