2018/04/09 06:00

「GReeeeN」の名曲「愛唄」が実写映画化!「キセキ」の横浜流星を主演に抜てき

GReeeeNは脚本デビューも果たしている (C)2019「愛唄」製作委員会
GReeeeNは脚本デビューも果たしている (C)2019「愛唄」製作委員会

 [映画.com ニュース] ボーカルグループ「GReeeeN」の楽曲「愛唄」が実写映画化されることになり、若手注目株・横浜流星が主演することがわかった。横浜も出演した「キセキ あの日のソビト」に続く楽曲の映画化プロジェクト第2弾で、GReeeeNが脚本デビューを果たしている。

 GReeeeNはメンバーが歯科医師であり、顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ。2007年のメジャーデビュー以降、一貫して10代の心情を歌い、幅広い世代からの人気を博している。17年には松坂桃李と菅田将暉をダブル主演に迎え、代表曲「キセキ」の誕生秘話を映画化した「キセキ あの日のソビト」が公開された。

 映画化第2弾となる今作は、GReeeeN最初のメガヒット曲である「愛唄」が題材。「兄友」「虹色デイズ」などの公開が控える横浜が主演、GReeeeNと清水匡が共同脚本、「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」の川村泰祐が監督を務めるほか、音楽は「キセキ」で第41回日本アカデミー賞の優秀音楽賞に輝いたJINが手がけている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >