2018/04/13 13:00

「女は二度決断する」でカンヌ戴冠!ダイアン・クルーガー、極限演技を生んだ“出会い”とは

本作で母国ドイツ語でのセリフにも挑戦
本作で母国ドイツ語でのセリフにも挑戦

 [映画.com ニュース] 「イングロリアス・バスターズ」で知られるダイアン・クルーガーが、第70回カンヌ国際映画祭の女優賞に輝いた主演作「女は二度決断する」を携えて来日。これまでのイメージを覆すこん身の出演作について、存分に語った。

 世界3大映画祭で主要賞を獲得している名匠ファティ・アキン監督が手がけ、第75回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を獲得したサスペンス。トルコ人の夫と幼い息子と共にドイツで平和に暮らしていた女性カティヤ(クルーガー)の生活は、家族が爆弾テロの標的になり、無残に殺されたことから一変。悲しみに暮れながらもカティヤは犯人探しを行い、家族の無念を晴らそうとする。

 全編に緊迫感がみなぎる物語だが、何より強烈な印象を残すのは、ほぼ全編出ずっぱりのクルーガーの圧倒的な存在感だ。最愛の家族を奪われてどん底に突き落とされた女性の耐えがたい苦しみや喪失感、やがてその状態から奮い立ち、“正義”を下すために闘っていくさまを、神がかり的な演技で見せる。だが、本人から飛び出したのは「最初は、この役をできるかどうか自分自身に自信が持てなかったの」という意外な言葉だった。「脚本を読んでショックだったし、自分がどうやって役に信ぴょう性を持たせられるのか、確信が持てなかった。ファティ(・アキン)も、私をキャスティングしたときにドイツのマスコミから大分言われたそうなの。『ハリウッド女優がやって来て、大丈夫か』みたいにね。ファティは、いつも地元の役者やノンプロを使って映画を作っているから」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >