2018/04/13 14:00

「ラッカは静かに虐殺されている」監督、現地ジャーナリストとISの実態に肉薄「現実や恐怖や危険を伝える」

マシュー・ハイネマン監督
マシュー・ハイネマン監督

 [映画.com ニュース]イスラム国(IS)が制圧し、5年間での死亡者が43万人にものぼる戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦に肉薄したドキュメンタリー「ラッカは静かに虐殺されている」が4月14日公開される。匿名の市民によって結成されたジャーナリスト集団「RBSS」(Raqqa is Being Slaughtered Silently=ラッカは静かに虐殺されている)によるSNSを駆使した発信力とISの実態についてマシュー・ハイネマン監督が語った。

――“RBSS”のメンバーとは、どのようにコンタクトを取ったのですか?

 「前作の『カルテル・ランド』で旅をしていたころ、ISのことがニュースの一面を飾るようになってきて、この組織の記事をむさぼり読むようになりました。何が起きているかを理解しようとしたんです。理解するにつれ、私もひどく心をかき乱されましたがそれと同時に映画として撮ってみたいとも思ったんです。そうしているうちにニューヨーカー誌に掲載されたRBSSに関する記事に巡り合ったんです。彼らは自分たちの故郷ラッカを占領したISの非道を国際社会に告発するために組織されたグループです。これこそ自分が取り上げるべきことだと記事を読み思ったんです。すぐにジャーナリスト保護委員会(CPJ)を通じて、このグループにコンタクトを取り、約1週間後には撮影を始めました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >