2018/04/13 20:00

「焼肉ドラゴン」鄭義信監督、こだわりの再撮影!真木よう子ら女優陣も賛同

(左から)鄭義信監督、中村ゆり
(左から)鄭義信監督、中村ゆり

 [映画.com ニュース] 劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲を映画化した「焼肉ドラゴン」の試写会が4月12日、都内で開催。鄭監督と2016年上演の舞台版に出演した女優の中村ゆりが出席した。

 高度経済成長にわく1970年代、関西の地方都市を舞台に、小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む家族の絆を描く。映画では店主夫婦を「隻眼の虎」のキム・サンホと「母なる証明」のイ・ジョンウン、静花、梨花、美花の3姉妹を真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、静花の幼なじみで常連客の哲男を大泉洋が演じている。

 鄭監督は「新人監督にとってはタイトで厳しいスケジュールだったが、たくさんの人に支えられた幸福な作品になった」と回想。キム演じる父親と市役所職員がもめるシーンについて、「最初は男たちがもめる様子を、3姉妹が見守っていたが、どうしてもしっくりいかず、翌日に再撮影のお願いをした」と明かし、「真木さんたち女優陣もそう思っていたらしく、真木さんは『私も賛成です』とすぐに握手してくれた。まさに家族が一丸になれました」と感謝を示した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >