2018/04/15 15:00

主演は演技未経験の少年!リアルとフィクションを行き交う「泳ぎすぎた夜」撮影秘話

演出は試行錯誤の繰り返し!
演出は試行錯誤の繰り返し!

 [映画.com ニュース] フランスと日本の若き才能の“出会い”によって誕生した「泳ぎすぎた夜」。共同監督という体制をとった「若き詩人」のダミアン・マニベルと「息を殺して」の五十嵐耕平が、主人公として起用したのは、演技未経験ながらも類まれなエネルギーを宿した当時6歳の少年・古川鳳羅(こがわ・たから)くんだった。「子どもって何を考えているのかという謎が深まったんですよ」という五十嵐監督の言葉通り、本作は決してひと筋縄ではいかない「新しい冒険」だった。(取材・文/編集部)

 マニベル監督と五十嵐監督の初顔合わせは、2014年のロカルノ国際映画祭までさかのぼる。互いの作品に感銘を受け、偶然ランチの席をともにした2人は意気投合し、やがて映画製作を約束。共同監督については「一緒に映画を作ろうといった時点で、役割を分担することは一切考えていませんでした。全ての作業を2人でやる。単純に楽しそうだなと。ダミアンと一緒だったら、問題があっても問題にならない気がしていました」(五十嵐監督)と気負いはなく、ロケ地となった青森県弘前市での約1カ月の滞在を経て「子どもがひとりで何かをする」という素案へとたどり着いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >