2018/04/15 17:00

金子雅和特集開催 乙一、「失はれる物語」映画化に「本当に美しい作品」

金子雅和監督(右)と作家の乙一
金子雅和監督(右)と作家の乙一

 [映画.com ニュース]海外映画祭で計10冠を獲得した映画「アルビノの木」が4月21日より凱旋上映されることに先駆けて、金子雅和監督の過去作品を紹介する特集上映が4月14日、東京・池袋のシネマ・ロサでスタート。その上映を記念して、金子監督と作家の乙一によるトークショーが行われた。

 害獣駆除に携わる若者の苦悩を通じて浮かび上がる、人間のエゴイズムや現代日本社会への疑問を独自の映像美で映し出した「アルビノの木」は2016年7月に劇場公開。その後も、昨年12月に行われたフォルモサ台湾国際映画賞2017で3冠に輝いたのをはじめ、海外映画祭で計10冠を獲得している。その「アルビノの木」凱旋上映を記念して行われた今回の特集上映では、そんな金子監督の軌跡をたどるべく、過去作9本を3プログラムに分けて上映する。

 特集上映初日となった14日には、「ショウタロウの涙」(2000)、「水の足跡」(2013)、そして乙一原作の「失はれる物語」(2009)の3本を上映。そして上映後には、金子監督と作家の乙一がゲストとして来場した。事故で右手以外の全感覚を失った全身不随の夫とピアノ教師の妻、肌の感触のみで交わされる夫婦の心を静寂でストイックな映像美とともに描き出した「失はれる物語」について「本当に美しい映画でした」と感想を述べた乙一は、「よくあの小説からここまでイメージをふくらませましたね。すごいなと思いました」と感心した様子を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

テンション高く過ごせる日。遊びに仕事に全力投球。未体験の出...もっと見る >