2018/04/16 16:00

カンヌ最高賞の「ザ・スクエア」キュレーター、精神科医、美術家はどう見た?

 [映画.com ニュース]第70回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したリューベン・オストルンド監督作「ザ・スクエア 思いやりの聖域」の公開を記念したトークイベントが4月15日、東京・代官山 蔦屋書店であり、東京国立近代美術館研究員の保坂健二朗氏、精神科医の名越康文氏、美術家・ドラァグクイーンのヴィヴィアン佐藤氏が作品を語った。

 映画は、敏腕キュレーターとして現代美術界で成功を収めた男性がさまざまなトラブルに見舞われる様子をエレガントかつ痛烈な笑いを込めて描き、他者への無関心や欺瞞、階層間の断絶といった現代社会の問題を浮き彫りにする。

 保坂氏は、主人公と同業者としての視点で、日本と外国の美術館との違いを挙げながらも「キュレーターの立場は全世界変わらない」といい、「アーティストやコレクターとも付き合い、みんなに気を遣う一方で勘違いも生まれて、その勘違いがこの物語のきっかけになっていると思う。そのあたりは身につまされる思いで見た」と感想を述べる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >