2018/04/17 07:00

小泉今日子&東出昌大が誘う!日本の“本当の美しさ”映す「ピース・ニッポン」7月公開決定

東出昌大は映画ナレーションに初挑戦 (C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC
東出昌大は映画ナレーションに初挑戦 (C)2018 PEACE NIPPON PROJECT LLC

 [映画.com ニュース] 約8年間にわたり全国47都道府県・200カ所以上で撮影し、日本人がまだ知らない“本当の日本の美しさ”を4K解像度で映画化した「ピース・ニッポン」が、7月14日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開されることが決定した。小泉今日子と東出昌大がナビゲーターを務め、「日本人に、もっと日本に恋してほしい」という思いで製作された、美しき映像体験へ観客を誘う。

 紅葉のなか虹色に輝く那智の滝、雲海に浮かぶ竹田城、熊本地震以前の天空の道など、数年間に1度しか出合えない、神々が宿るかのような美しき風景をカメラに収めた今作。神道と仏教が混交する日本特有の精神・自然観にフォーカスする「日本の精神」、豊かな気候風土が変化を生み出す「日本の四季」、そして奇跡の絶景を紡いでいく「一期一会の旅」という約111分間の3部構成で、“知っているようで知らなかった”日本を紐解いていく。

 監督を務めるのは、映画「TAJOMARU」「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」などの中野裕之。今井美樹、布袋寅泰、「GLAY」らの音楽クリップも手がけてきた実力派だ。今作を「日本を映像や写真や音声で後世に遺すプロジェクトが作り上げた、日本の美しい映像を見ながら、日本人の精神の歴史や全国の美景を一度に見ることができる、いわば日本のベスト盤です」とアピールし、「お寺と神社の違いを、海外の人と同じくらい知らない世代が増えました。一度見るとプチ日本通。活性化したい地方を支援し、日本に恋する人を増やして日本を元気にしたいと思って8年間撮影しました。全国の撮影者が一期一会で出会った美しい日本を見て恋してください!」とメッセージを託した。

 また、音楽は世界的評価を受けるアンビエント・アーティストの岡野弘幹氏が担当し、劇中歌には竹内まりやの「いのちの歌」を起用。ほか細野晴臣の「悲しみのラッキースター」や、「ボレロ」「星に願いを」など、日本の名曲から世界的スタンダード・ナンバーが幅広く使用されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >