2018/04/18 04:00

東出昌大は役者バカ&新田真剣佑は大号泣!「OVER DRIVE」熱き現場振り返る

熱い現場を述懐
熱い現場を述懐

 [映画.com ニュース] 公道を駆け抜ける自動車競技「ラリー」を題材に描いた映画「OVER DRIVE」の完成披露試写会が4月17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、兄弟役を演じた東出昌大と新田真剣佑をはじめ、共演の森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、メガホンをとった羽住英一郎監督が舞台挨拶に出席した。

 長年温めていた念願の企画が完成し、羽住監督は「全員を満足させる自信がある」と豪語。これを受け、実直なエンジニアである兄・檜山篤洋役の東出も「200%の自信があり、みんなが映画館をいい気持ちで出られると確信できる映画はなかなかない。満足感に満ちあふれています」と自信をにじませ、攻めの姿勢を貫く天才レーサー・檜山直純役の新田も「本当に大好きな映画」と笑顔を見せた。

 さらに東出は「監督がよく使う言葉で、僕が好きなものがあります」と切り出す。「『バカになれ』。役者バカであったり、バカ正直であったり。バカになるというのはすごく強く、その純粋性には嘘がない」と続け、「太陽のようなマッケンがいきなりハグをしてきて、『兄貴、よろしくな』と言ってくれた。裏表なく仲良くなれた共演者たちのおかげで、バカみたいに熱くなりながらこの映画を撮りました」と充実の日々を振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >