2018/04/18 06:00

人間VS人間VS猿!? 綾野剛主演「パンク侍、斬られて候」驚天動地の特報初披露

“超人的刺客”綾野の スピーディな殺陣も活写! (C)エイベックス通信放送
“超人的刺客”綾野の スピーディな殺陣も活写! (C)エイベックス通信放送

 [映画.com ニュース] 芥川賞作家・町田康氏の時代小説を綾野剛主演、宮藤官九郎の脚本、石井岳龍監督のメガホンで映画化する「パンク侍、斬られて候」の特報が、このほどお披露目された。怒涛の疾走感で描写される驚天動地の世界観は“パンク”そのもの。強烈なビジュアルのキャラクターたちの存在感は言わずもがなだが、謎めいた猿たちの暗躍も気にかかる仕上がりだ。

 「くっすん大黒」「きれぎれ」などで知られる町田氏が2004年に発表した同名小説が原作。超人的剣客でありながら超適当なプータロー侍・十之進が、自ら招いた大惨事に七転八倒するさまを描く。舞台が江戸時代でありながら、現代風の口調による滑稽な会話劇、次々と登場する特異なキャラクター、破天荒なストーリー展開、そして圧巻の大団円が熱狂的なファンを引き付け、今なおカルト的人気を博す異色作として知られている。

 公開された特報では、走りながら次々と敵を斬り倒していく綾野、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司が怪演する“10人の男”、神妙な面持ちで妖艶なダンスを披露する女に扮した北川景子、未だにキャストが発表されていない将軍の恰好をした猿の姿を活写している。それぞれが1度見たら忘れることのできないアクの強いルックスだが、なかでも印象的なのは浅野が演じる“長髪の男”。顔と腹にはうずまきの模様、威圧感たっぷりに両手を広げる光景は、わずか1秒ほどの映像でも脳裏に刻まれるはずだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >