2018/04/18 12:00

ロック様VS巨獣「ランペイジ」予告公開!巨大ワニが都市を壊滅状態に

人気ゲームを映画化 (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
人気ゲームを映画化 (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 [映画.com ニュース] 「ワイルド・スピード」や「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」のドウェイン・ジョンソンが主演した「ランペイジ 巨獣大乱闘」の予告編が、公開された。

 1986年に発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」を基に製作されたパニックアクション。遺伝子実験の失敗により巨大化したゴリラ、オオカミ、ワニなどが、都市を破壊するさまを迫力のスケールで描く。「アバター」や「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを手がけたウェタ・デジタルがVFXを担当した。4月13日に世界各地で封切られ、世界興行収入は早くも1億5000万ドルを突破している。

 予告編は、全長68.5メートルに巨大化しただけでなく、1118本もの歯を持った異形の姿へと進化したワニのリジーがビルの壁を登り、建物を突き破って屋上に到達し、雄たけびを上げる場面から始まる。その後、ゴリラのジョージ、オオカミのラルフといった動物たちが次々と“覚醒”。映像中では、ジョージやリジーが人々を無差別に襲う姿や、飛行能力まで持てに入れたラルフが、ムササビのように舞う姿も収録。“巨獣”たちが、都市を大パニックに陥れ、最新兵器をものともせず暴れまわる姿が迫力の映像と共に収められている。

 予告編の最後には、ヘリコプターに乗っていたジョンソン演じる主人公が、リジーによって倒壊する建物に巻き込まれそうになり「やべえ!」と絶叫する緊張感満点のシーンで幕を閉じ、動物たちをどうやって止めるのか、期待が膨らむ内容になっている。

 「ランペイジ 巨獣大乱闘」は、5月18日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >