2018/04/18 13:00

スピルバーグ&出演者、「レディ・プレイヤー1」で日本への“感謝”を示したかった!

VRを使った撮影についても (C) 2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
VRを使った撮影についても (C) 2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 [映画.com ニュース] 近未来を舞台に、VR(バーチャル・リアリティ)ワールドで巻き起こる冒険を描いた「レディ・プレイヤー1」のスティーブン・スピルバーグ監督作、出演者タイ・シェリダンとオリビア・クックが、作品の魅力を語った。

 約56兆円をかけ、世界中の人々がアクセスするVRワールド「OASIS(オアシス)」で繰り広げられるトレジャーハンティングを描く本作。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「アイアン・ジャイアント」「ジュラシック・パーク」などあらゆるゲームや映画、アニメのキャラクターが勢ぞろいし、日本からは、「機動戦士ガンダム」「AKIRA」「ストリートファイター」などのキャラクターやメカが多数登場する。

 本作は、80年代を中心としたポップカルチャーのアイコンが大量に盛り込まれている。当時、次々とヒット作を世に放ち、文字通り世界を驚かせたスピルバーグ監督は、「アーネスト・クラインが書いた原作本の中に、本当に多くの僕の監督作やプロデュース作のことが入っていてね。とても名誉に感じたよ」と振り返る。だからこそ、「他の誰かがやって来て、僕が作ったすべての映画を使って、彼らのバージョンの『レディ・プレイヤー1』を作らせたくなかったんだ」とも。それほどに、スピルバーグ監督にとって無視できない企画だったのだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >