2018/04/18 15:00

カンヌ2冠「ビューティフル・デイ」監督が来日!ホアキン・フェニックスの人柄明かす

質問者1人ひとりに「ありがとう」と日本語で挨拶
質問者1人ひとりに「ありがとう」と日本語で挨拶

 [映画.com ニュース]「少年は残酷な弓を射る」で知られるリン・ラムジー監督が、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞を受賞した「ビューティフル・デイ」を携えて来日。4月17日に東京・新宿バルト9で行われたジャパンプレミアに参加し、観客からの質問に答えた。

 「her 世界でひとつの彼女」「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスが主演したクライムスリラー。行方不明者を捜索するプロフェッショナルで元軍人のジョー(フェニックス)が、怪しげな依頼を引き受けたことから窮地に陥る。音楽を、人気バンド「レディオヘッド」のメンバーで、「ファントム・スレッド」でオスカー候補に選出されたジョニー・グリーンウッドが担当している。

 全米では4月6日に公開され、ラムジー監督は「素晴らしい反響を得ました。英国での公開も好調で、サンダンス映画祭でもサウンドデザインが好評を得て、映画を見ながら足踏みする観客もいるくらい没入してくれました」と笑顔。「私たちにとっても特別な作品。ホアキン(・フェニックス)のスケジュールもあって急に撮影できることになり、睡眠をほとんど取らずに製作しました。脚本もできておらず、20ページカットしなければならず、子育てもあり、ものすごく熱いニューヨークの夏場に撮影しました」と苦労を語り、「通常であれば、クランクアップしたら休みたいと思うのですが、本作はさみしくなって『もう1本撮りたいね』とみんなで話したくらい」と愛着をあらわにした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >