2018/04/19 14:00

櫻井翔&広瀬すずが日本大学にサプライズ登場!学生500人に熱烈エール

ベストセラー作家・東野圭吾氏の小説を映画化
ベストセラー作家・東野圭吾氏の小説を映画化

 [映画.com ニュース]ベストセラー作家・東野圭吾氏の小説を映画化する「ラプラスの魔女」の特別講義イベントが4月19日、東京・世田谷区の日本大学桜上水キャンパスで行われ、主演の櫻井翔と共演の広瀬すずが出席。2人が同大学のセンターホールにサプライズ登場すると、学生約500人は爆発的な歓声を上げた。

 櫻井演じる主人公・青江が地球化学の研究者であることから、日大文理学部地球科学科と、同化学科の学生を招いた上映会が実施。劇中では講義シーンもあった櫻井が「正直、(セリフで)何を言っているのか僕もわかっていない(笑)。あれだけ難しい理論を勉強している皆さん、尊敬しています」と語ると、登壇した同大学の竹内真司教授は「まずありえないことがひとつあって。こんなかっこいい人が、教授をやっていること。しかし粛々と授業をしている様子は、到底、真似できないです」と太鼓判を押していた。

 映画は、地球化学の研究者・青江(櫻井)が、連続して起きた“自然現象下での硫化水素中毒死”を追う過程で、これから起こる自然現象を言い当ててみせた謎の女性・羽原円華(広瀬)らと出会い、新たな事件へと巻き込まれていく姿を描いた。櫻井が「気象現象を利用した殺人は可能なんでしょうか?」と質問をぶつけると、加藤央之教授は実験や検証結果を交えて「青江のセリフのように、『ありえません』」と断言した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >