2018/04/20 15:30

「パシフィック・リム」スコット・イーストウッド、イェーガーの乗り心地は?

日本愛も語った (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
日本愛も語った (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

 [映画.com ニュース]世界的ヒットを記録した人気作の続編「パシフィック・リム アップライジング」(公開中)で、人類が発明した兵器イェーガーに乗り込み、巨大生命体KAIJUと激闘を繰り広げる敏腕パイロットを熱演したスコット・イーストウッドが来日。同作の舞台裏を語った。

 前作を手がけたオスカー監督ギレルモ・デル・トロが製作を担当し、Netflixドラマ「デアデビル」が人気を博すスティーブン・S・ナイト監督がメガホンをとった本作。イーストウッドは、主人公ジェイク(ジョン・ボイエガ)のライバルであり、やがて共にイェーガーを操縦し、お互いの命を預ける“相棒”となるネイトに扮している。

 本作では“次世代”をテーマに、新たなキャラクターが進化したKAIJUに立ち向かっていくさまが描かれる。よりエネルギッシュな若々しさが付加された印象だが、その分撮影は苛烈を極めた。「(アクションが激しすぎて)“いま、自分は一体どうなっているんだろう”とフラフラになることも結構あって、『ここ見て!』と言われても何があるのか分からないくらい(笑)」と振り返ったイーストウッドは、「ジョン(・ボイエガ)と2人で『俺たち、正しいことをしているのかな……』となることも多かった。アクションシーンに関しては、ダンスのようにしっかりと振り付けが用意されていて、スタントチームが計算して作り上げてくれたパンチや、さまざまな動きをちゃんと体に入れて一緒に行ったんだ」とパイロットとして生きた日々を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >