2018/04/20 20:00

製作期間3年!スピルバーグ監督、「レディ・プレイヤー1」は「最も技術的に複雑だった」

約13年ぶりの来日!
約13年ぶりの来日!

 [映画.com ニュース]巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が、VR(バーチャル・リアリティ)ワールドを舞台にした最新作「レディ・プレイヤー1」(公開中)を携え、約13年ぶりに来日。最新鋭の映像に、世界中のポップカルチャーの要素をあふれんばかりに詰め込んだアドベンチャー超大作について、語りつくした。

 舞台は、2045年の近未来。貧富の差が拡大したこの世界で、人々の心のよりどころは巨大なVRワールド「OASIS(オアシス)」となっていた。オアシスでは自分が望む姿(アバター)になることができ、どんな願いもかなう。そんななか、オアシスの創始者が急逝。創始者の総資産約56兆円とオアシスの覇権をめぐり、創始者がオアシス内に仕掛けた“宝”を探す“全人類参加”の争奪戦が幕を開ける。

 本作を見てまず驚かされるのは、まるでVR世界が眼前に広がるような圧倒的な没入感だ。スクラップ置き場に作られた暗く、狭い秘密基地に入った主人公ウェイド(タイ・シェリダン)がオアシスにログインし、アバターの“パーシヴァル”へと姿を変えた瞬間、観客もオアシス内へと一気にトリップする。スピルバーグ監督は、「観客が自分もVRゴーグルをしているような、このバーチャル・ワールドの中に存在しているような感覚を味わってほしかったんだ」と語り、「今まで生きてきた中で1番技術的に複雑な映画だった。製作に3年間かかったんだ。これまで、『未知との遭遇』が製作に1番時間がかかったんだけど、本作は2番目に長い作品になったよ」と苦労を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >