2018/04/21 16:20

仲代達矢、市川崑監督「炎上」秘話語る 市川雷蔵、勝新太郎とのエピソードも

大映映画の傑作を語った
大映映画の傑作を語った

 [映画.com ニュース]市川雷蔵が現代劇に初出演し、市川崑監督がメガホンをとった映画「炎上」(1958)が4月21日、東京・角川シネマ新宿で開催中の「大映男優祭」内で上映され、出演した仲代達矢がトークショーに出席した。

 三島由紀夫の小説「金閣寺」を映画化した「炎上」は、“驟閣(しゅうかく)”という美に憑かれた男を描いた意欲作。当時は売出し中の若手俳優で、劇中では雷蔵の相手役を務めた仲代は「本日は上映も見ました。私が26歳のときの映画。今は85歳ですから、60年前の映画です。それにしては、すげえ新しい映画に出ていたもんだなと思います」としみじみ語る。“美剣士”と人気を博し時代劇界をけん引し、今作では吃音症の学生を熱演した雷蔵については、「やはりすごい人気でした。ロケーションでは女学生がいっぱい集まって、『雷様はどこ?』と。雷蔵さんは(時代劇では化粧を施すが)すっぴんでやられましたから、素通りされるんです(笑)。なので私が一生懸命、『雷様はここにいるよ』と、紹介役をやっていました」と愉快げに振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >